自転車レンタルサービスを利用して体を動かしてみませんか?

自転車レンタルで運動不足をかいしょうしてみませんか?

さいきん、運動不足になっていませんか?

「1週間に1時間以上、運動するしゅうかんがない。」
「ほとんど階段をつかわない。」
「階段をのぼると息切れする。」
「サービス業とちがい、仕事がデスクワーク中心。」
「五年前より、ウエストが5cm以上大きくなった。」
「電車にまにあわせようと、すこし走っただけで動機がはげしくなる。」
「電車やバスで移動中、ざせきにすわる。」
「スポーツの趣味がない。」
「まいにち、1日2時間以上歩くことがない。」
「体を動かすのが好きではない。」

上記10項目のうち7項目以上がいとうした人、そんなあなたは運動不足です。

わざわざスポーツジムに行って、スポーツジムのサービス&プログラをりようして、時間とおカネをはらって運動するよりも、会社のけいひでおカネをはらって、自転車レンタルサービスをりようして、自転車をこいで運動してみませんか?

「自転車レンタルサービスをりようして、自転車をこいでも、たいして運動にならないでしょ。」
「自転車レンタルサービスをりようしても、自転車では運動不足のかいしょうにならないでしょ。」

と、思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなことは、ございません。

ゴルフならば30分打ちっぱなしをして55~70Kcal、水泳ならばクロールで30分泳いで500~700Kcal、ウォーキングならば30分で80~100Kcal、ジョギングならば30分で145~250kcal、テニスなら30分で170~230Kcal、エアロビクスならば30分で120~160kcal、ヨガならば30分で100~130kcal消費するといわれています。

では自転車ではどうでしょう?

体重50kgの人が自転車を時速20kmで30分こいで200Kcal消費すると言われています。
200Kcalといえば、ケーキ1しょくぶんになります。

自転車レンタルサービスをりようして、自転車を30分こげば、ケーキを1つ食べてもふとらない計算になるのです。
自転車レンタルサービスをりようすれば、ケーキを一つ食べてもいいんです。

運動不足になると

運動不足になると、健康にししょうがでます。
運動不足によるあくえいきょうをれっきょしていくと以下の症状があります。

「生活習慣病」
「肥満」
「ストレスの蓄積と免疫力の低下」
「便秘」
「心身症」
「不眠症のはっしょう」

順にかいせつしていきます。

運動不足によるあくえいきょうについて、だいひょうてきなのが生活習慣病で、糖尿病や動脈硬化、脳卒中、腎臓病、高血圧などの「生活習慣病」にかかります。
さいきんの研究結果では、運動をするとガンのはっしょうりつが下がるという研究結果もでています。

20代以下の方はごぞんじない方もいるかと思いますが、「生活習慣病」はいぜん、「成人病」といわれていました。「成人病」が「生活習慣病」にめいしょうがへんこうされたのは、「生活習慣病」は「成人になったらかかる病気」ではなく、「ふだんの生活習慣がげんいんでかかる病気」なのだという政府の無言のメッセージでもあります。

しょうらい、政府は「生活習慣病」を保険適用外にするほうしんのあらわれかもしれません。その場合、ばくだいな医療費を自己負担で治療することになるので、経済的にはたんしてしまいます。その「生活習慣病」にかかる生活習慣の有力なげんいんの一つが運動不足です。生活習慣病予防の一環として運動をしましょう。

つぎに、「肥満」の問題があります。
血液中のちゅうせいしぼうが高くなり、カロリー消費も減ることになり、脂肪となって体内にちくせきされていき、「肥満」のもとになります。

運動不足になると筋肉が落ち、きそだいしゃが下がり、何もしていなくても下がるカロリー消費が少なくなるので、下がった(何もしていなくても消費していくカロリー消費)分がまいにちつみたてられていき、いっそう「肥満」になりやすい体になっていきます。

つぎに運動をしないでいると、ストレスがたまりやすくなり、集中力が落ち仕事ののうりつが下がり、体力低下からくる老化のしんこうにつながり、免疫力が低下し抵抗力がよわくなり病気にかかりやすい弱い体になります。

運動不足による体へのあくえいきょうとして「便秘」もあります。
私たちは、腹筋により腹圧がじょうしょうして体内の大腸がしげきをうけ、脳からぜんどう運動のしれいが来て、ぜんどう運動がかっぱつかして便が腸から肛門へ押し出され排泄します。

ところが、運動不足により腹筋が弱くなるとじゅうぶんな腹圧がえられず、大腸がしげきをうけないのでぜんどう運動もおきなくなり便がだいちょうないにちくせきされ、便秘となり肌荒れや吹き出物となって、体にあくえいきょうを与えていきます。

このような筋肉の低下による便秘を”しかんせい便秘”とよびます。

この他にもけいれんせい便秘とよばれるものもあります。

しかんせい便秘と異なりけいれんせい便秘は、運動不足により整腸作用に大きくかんけいする副交感神経がじゅうぶんにきのうしなくなり、胃腸のはたらきも正常にきのうしなくなっていき、便秘をひきおこし、肌荒れや吹き出物ができます。

その他にも、運動不足は「心の病」にもえいきょうします。
脳下垂体から分泌されるホルモンの量がバラバラになり、体内のホルモンバランスがみだれていき、不安やしょうそうかんなど心身面がとても不安定になっていき、やがては対人恐怖症やうつ病など、「心の病」をはっしょうしてしまいます。

運動をすると、運動後のそうかいかんはストレスを軽減し、汗となって体内の老廃物や分泌物を体外にはいしゅつし、体臭の防止にもつながります。
とくに夜眠れないと悩んでいる方、睡眠不足になると集中力がさんまんになりいつもイライラして、ミスをおかしやすくなり仕事にもえいきょうを及ぼしてきますが、運動をすればよく眠れるようになり、眠りもふかくなり、めざめたあとは、頭がスッキリして、仕事の能率があがります。

このように、運動不足をほうちすると、肉体と精神両方にあくえいきょうを及ぼします。

会社のお金を使って運動不足かいしょうしてみませんか?

「でも、自転車レンタルサービスをりようするとおカネがかかるでしょ?」と、思うかたもいます。

しかし、弊社自転車レンタルのサービスを利用すれば、30分ごとで時間貸しもしております。一日ご利用であれば一日中つかっても、2500円の定額になります。

また、添付のクーポンをていじしていただければ初回半額になります。千葉市内で弊社サービスを利用されるサラリーマン風のかたは、よく領収書の発行をきぼうされます。
顧客訪問などの外回りで使用していただければ、けいひで落ちるのです。

つまり、自分個人の支払いはタダで運動不足のかいしょうができるわけです。
さらに法人契約をしていただいて、年間契約料を支払っていただければ、契約会社社員さまは使いたい放題です。

もう一度いいます、
「スポーツジムに行くぐらいなら、自転車レンタルで体を動かしてみませんか?」

そして、わざわざスポーツジムに行って、時間とおカネをはらって運動するよりも、会社のけいひでおカネをはらって、自転車レンタルサービスをりようして、自転車をこいで運動してみませんか?