ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

千葉駅周辺で外回りしている人へのおとくなランチしょうかい

鉄板焼きグリル美彩やさんのランチしょうかい(2017/1/7 【土】)

今日は、千葉駅周辺にある「鉄板焼きグリル美彩や」さんにきてみました。

青いかんばんと、レンガ仕立ての店構えがめじるしで、周辺にはしょうてんがいがあります。場所は「旧パルコ」あとの周辺そばにあります。

ランチメニューは日によってかわり、とうじつのランチメニューが、店頭のかんばんに表示されているので、ランチメニューをかくにんしてから入りましょう。

JR千葉駅から周辺のみちじゅんだと、JR千葉駅東口からでてエスカレータをおり、千葉駅まえの千葉駅バス乗り場のバスロータリーをみぎがわにすすみ、ペリエ千葉さんをみぎてにとおりをぬけて、「プロント千葉駅前店」さんの前のとおりをすすんで、「松屋」さんをひだりてにスクランブル交差点の「モスバーガー」(千葉EXビル)さんと「日高屋」さんのあいだのとおりをまっすぐすすんで、橋をわたり、旧パルコあとをみぎてに「磯山水産」さんをみぎにまがり、「セブンイレブン」さんのとおりをまたいで2件となりにあります。

JR千葉駅から徒歩だと約15分、自転車ならばJR千葉駅から5分くらいです。

総武線などでJR千葉駅にきて京成千葉駅にのりかえ京成線できたなら京成千葉中央駅までいき、京成千葉中央駅からならば、東口をでて横断歩道をわたり、セブンイレブンさんと「カラオケ歌広場 京成千葉中央前店」さんのかんばんがみえるあいだの周辺にしょうてんがいがあるとおりをまっすぐすすんで、みぎてがわに「ゆで太郎」さんのある十字路をひだりにまがり、5件ほどさきのたてものです。
京成千葉中央駅からなら、徒歩10分です。

てんないには4人がけテーブル3卓と2人がけテーブル2卓、カウンターに6席ほどのいすがあり、カウンターでしょくじすると目の前の鉄板でやいてくれます。
ランチの人気メニューだけあり、平日であればまんせきにちかくなりますが、こんかいは土曜日のランチだったので周辺の席があいていました。
ランチの時間には周辺のビルや周辺のしょうぎょうしせつから、おきゃくさんが来店されるようです。

ランチメニューを左写真にのせます。
今日、ちゅうもんしたのは「千葉県産マーガレットポークステーキ」(1000円+税)です。
ランチには、ごはんとみそ汁、サラダバーが付いていて、こんかいはランチに+100円でみそ汁をパイシチューにへんこうしました。
ランチだとサラダバーが食べ放題なのでおとくです。
+250円でドリンクバーもつけられるので、ゆっくりしたいときにはりようしてみましょう。

サラダバーには、えだまめ、トマト、コーン、ほうじ茶ゼリー、わかめ、だいこん、キャベツ、レタスがセルフサービスで食べ放題です。
ひとりぐらしで、外食中心のえいようがかたよりがちな人には、うれしいサービスです。
ドレッシングは中華風ドレッシングと白いフレンチドレッシングがえらべます。
こんかいはフレンチドレッシングをえらんでみましたが、甘酸っぱいドレッシングがトマトの酸味と甘味にあい、キャベツとレタスのシャキシャキ感とちょうわしました。

ポークステーキは、しお・コショーで味付けされ、しおで味付けされたいためた玉ねぎがステーキのしたにしかれています。
味付けがしお・コショーなのでそざいの味がひきたてられ、かむと脂の甘みとぶたにくのうまみが口の中にひろがります。
ぶた、とくゆうの臭みもなく、鉄板でやいた香ばしいにおいが鼻をとおりぬけていき、かめばかむほどしょくよくをそそります。

最後に追加へんこうしたパイシチューがでてきました。
カップの口をパイでおおわれたシチューで、パイをスプーンでくずすと湯気がふきでて、アツアツのシチューのホワイトソースのにおいがひろがります。
ちょうど、この寒い冬の時期にアツアツのシチューを食べると、外回りでひえた体があったまり、ホッと一息つけます。
のうこうでクリーミーなホワイトソースと、くずしたパイがホワイトソースにひたされてそとがシットリ中がサクサクで鶏肉とからまり、玉ねぎの優しい甘みと、ほのかな塩分がかむたびに口の中にひろがります。

ただし「ごはんをたくさんたべたい」という人は、ごはんがすくなめですので、おかわりする場合は+100円かかりますので注意してください。
ごはんがすくなめなので、サラダバーをりようして、お腹をサラダであるていどみたしたあとに、メインディッシュを食べたほうがいいでしょう。
ランチで1000円というのは、ひかくてき高価ですが、そのぶんクオリティーが高く、サラダバーもついて、栄養のバランスがとれるので、たまにはぜいたくをしてみるのもいいかもしれません。

関連記事