ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

「クロスバイクとマウンテンバイクの比較(ブレーキ編)」

今日も、クロスバイクとマウンテンバイクについて比較してみたいと思います。

クロスバイクは、多様性があり、一つ一つの部品が効率よく力が伝わる「高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、見た目もいいので、乗ってみると風をきるように、爽快にサイクリングできます。
 

クロスバイク画像
 

一方、マウンテンバイクは、タイヤが太く厚く、パンクにも強く、めったにパンクしません。

マウンテンバイクは、丈夫で障害物に強い分、車体が重く、タイヤの摩擦も大きいので、ギアを最速にしてもあまりスピードがでません。

マウンテンバイクは、サイクリングにあまり向かない自転車で、マウンテンバイクという名前だけあって、登山や悪路の移動に向いています。
 

マウンテンバイク画像
 

以下に、対象的な2つの自転車、クロスバイクとマウンテンバイクの違いについて、各部位毎に比較検証していきたいと思います。

ブレーキ

クロスバイクは、機種にもよりますが、よりロードバイクに近いものは、衝撃を吸収しにくく、部品が繊細なため、走行中の振動により、ブレーキ周辺の位置を固定しているネジなどの部品が緩み、そのため、ブレーキの位置がズレます。

具体的に言うと「真ん中から、片方に寄っていないか?」などです。

クロスバイクは、シティバイク(ママチャリ)に採用されているブレーキよりも、高性能で繊細な、Vブレーキが採用されているものが多く、原理は「回転する車輪の側面をブレーキのパッドで、挟み込んで摩擦で止めるタイプ」で、シティバイクと殆ど同じです。

Vブレーキは、ブレーキの位置が走行中の振動によって片側にズレるので、定期点検が必要です。
 

クロスバイクのVブレーキ画像
 

ブレーキがどちらかに寄ってしまうと、ブレーキが車輪に接触して、走行中に異音がすることがあるので、異音がしたらチェックしてください。

車輪とブレーキが絶えず接触して、摩擦により絶えず軽くブレーキを掛けている状態になり、走行中のスピードが下がってしまいます。

走行中、異音がしたら要チェックです。

あるいは、定期的にブレーキの位置をチェックして、位置がズレていたら、自分で修正するか自転車屋に持っていきましょう。

一方、マウンテンバイクは、ブレーキが強く、両手のブレーキを全開で同時にかけると、前につんのめってしまうくらいの強力な急ブレーキが掛かり、タイヤの大きな突起と合わさって、舗装されていない山や渓谷などの急な坂道では、下りでも上りでも、これが強力な武器になります。

マウンテンバイクには、入門用のマウンテンバイクとクロスバイクにも採用されているVブレーキと、一般的なマウンテンバイクに採用されているディスクブレーキがあります。

ただし、マウンテンバイクは、サスペンションや頑丈なフレーム、厚く太いタイヤで、走行中の衝撃を吸収するので、振動も小さくなり、クロスバイクよりも、振動の影響をうけにくく、Vブレーキの位置がズレにくくなっています。
 

マウンテンバイクVブレーキ画像
 

Vブレーキよりも一層強力なブレーキがディスクブレーキです。

一部のロードバイクにも採用されているそうですが、強力なブレーキで、他のVブレーキのように、回転する車輪の側面をブレーキのパッドで、挟み込んで摩擦で止めるタイプではなく、車輪の中心部分を制御するタイプなので、制動力が全く違います。

ディスクブレーキは、Vブレーキと違い、振動に影響をあまり受けないので、舗装された道路や山や渓谷などの大きな衝撃による、振動の連続でも、制動力が下がることはあまり無いので、一般的なマウンテンバイクに採用されているのでしょう。

ディスクブレーキ画像

関連記事