ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:0476-76-9476

マウンテンバイクについて

当店でも、マウンテンバイクを1台貸出しています。

マウンテンバイク画像

マウンテンバイクは、山登り用の自転車だけあって、段差や障害物などの悪路に強く、車輪についているサスペンションが衝撃を吸収し、厚いタイヤの溝が坂道の登り下りに適していて、雨や雪などでも滑りにくく、車体のフレームが太くて丈夫です。
 

サスペンション画像
 

そして、ブレーキが強く、両手のブレーキを全開で同時にかけると、前につんのめってしまうくらいの強力な急ブレーキが掛かり、タイヤも太く厚く、パンクにも強く、めったにパンクしません。

また、マウンテンバイクは、両方のハンドルにギアチェンジレバーがついていて、右手側に付いているギアチェンジレバーが、一般的な自転車についているメインのギアチェンジレバーで、左手側に付いているギアチェンジレバーが、サブ的なギアチェンジレバーになります。
 

両方のギアチェンジレバー
 

チェーンの張りが、張り過ぎたり、緩みすぎたりしないように、右手側のメインのギアチェンジレバーに対して、左手側のサブのギアチェンジレバーで、適度なチェーンの張りになるように調整しましょう。

右手側のメインのギアチェンジレバーで操作するギアチェンジ部品が、こちらの写真の箇所です。
 

メインギアチェンジ部品
 

そして、左手側のサブのギアチェンジレバーで操作するギアチェンジ部品が、こちらの写真の箇所になります。
 

サブギアチェンジ部品
 

ロードバイクなどでは、このようにハンドルの両方に2つのギアチェンジレバーがあるのが普通です。

ロードバイクを乗ったことがない人は、「両手にある、2つのギアチェンジレバーを操作する」ということがあまり無いので、チェーンの張りを調整するという感覚がわからないと思います。

ロードバイクに挑戦する練習台として、「乗りやすいマウンテンバイクで、両手のギアチェンジの操作に慣れて、チェーンの張りを調整する感覚を掴んでから、ロードバイクに改めて挑戦してみる」というのも良いかもしれません。

ただし、マウンテンバイクは、丈夫で障害物に強い分、他のクロスバイクなどに比べ、車体が重く、タイヤの摩擦も大きいので、ギアを最速にしてもあまりスピードがでません。

サイクリングには、あまり向かない自転車です、登山や悪路の移動に使いましょう。

関連記事

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*