ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

クロスバイクとロードバイクの比較4

今日も、クロスバイクとロードバイクについて比較の続きをしてみたいと思います。

クロスバイクは、一つ一つの部品が効率よく力が伝わる「高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、見た目もいいので、乗ってみると風をきるように、爽快にサイクリングできます。
 

クロスバイク画像
 

しかし、ロードバイクは、そのクロスバイクを一層高性能にした「超高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、乗ってみるとクロスバイ以上に風をきるように、爽快にサイクリングできます。
 

ロードバイク
 

価格

クロスバイクとロードバイクでは、価格が全然違います。

ロードバイクは、完全に趣味の世界で、最低10万円~になり、高いものだと100万円以上するものまであります。

高価な車にお金をかける、趣味の世界と同じです。

高価だということは、その分、盗難に遭いやすいということでもあり、防犯対策に、さらにお金がかかります。

ただし、もっと安いロードバイクもありますが、見かけはロードバイクでも、性能は値段相応のものになってしまいます。

一方、クロスバイクなら、最低4万円前後~になります。

ロードバイクの半分くらいの価格が目安となります。

服装

服装などもロードバイクは、本格的な格好になります(あくまで任意で、「買う」「買わない」は、本人の意志になりますが)。

あまり、ラフな格好でロードバイクに乗っている人は見かけません。

ロードバイクに乗っている人は、大体がサイクルショップなどで売っている、レーサーパンツにサイクルジャージ、ビンディングシューズ、サングラス、サイクルヘルメットの重装備です。

その分、自転車以外の装備にも、費用がかかるということです。
 

ロードバイクの服装画像
 

クロスバイクなら、背広でも普段着でも構いませんし、Gパンなどの動きやすい服であれば、なお良いです。
 

クロスバイクにのるサラリーマン画像
 

ただし、ロードバイク寄りのクロスバイクは、車体を軽くするため、チェーンのガードレールが無いので、ズボンの裾などの服が巻き込まれやすくなっています。

ロードバイク寄りのクロスバイクに乗る時は、お金をかけた服装はいりませんが、最低限「動きやすく、ダボ付きの少ない、巻き込まれ難い服装」で乗るか、裾バンドを着けましょう。

スタンド

ロードバイクは、車体を軽くするため、スタンドが付いていません。

ロードバイクは、ママチャリには常備されている「チェーンのガードレール」や「泥除け」、「カゴ」、「荷台」、「スタンド」など、疾走るに必要のないものは、極力省いて、車体を軽くして、スピードをだそうという作りです。

ロードバイクを停めるには、自分でスタンドを携帯しているか、壁などに立てかけます。

一方、クロスバイクには、スタンドが付いているのが一般的で、ママチャリのような後輪を浮かせるスタンドは付いていませんが、棒状のスタンドが、片側に一本付いているのが一般的です。

ロードバイクよりのクロスバイクにも、「泥除け」や「チェーンのガードレール」は付いていませんが、スタンドは付いています。
 

クロスバイクスタンド画像
 

以上、4回にわたって、クロスバイクとロードバイクの各項目を比較してみました。

クロスバイクやロードバイクの購入時などに役立てて下さい。

関連記事

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*