ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:0476-76-9476

千葉市内でレンタサイクルをつかって移動するメリット8点教えます

千葉駅にきてから訪問先への移動にお困りの方いませんか?そんな方は千葉駅に電車できて、そこから訪問先へレンタサイクルをつかって訪問してみませんか?

「でもレンタサイクルは、借りるのに手続きがめんどうで料金も高いから使いたくない。」と思うかたもいると思います。

そんなことはございません、当店舗のレンタサイクルではメンバーカードも発行していて、初回時のメンバーカード発行の手続き以降は、メンバーカードを提示していただければ手続きなしにかんたんにレンタサイクルをご利用していただけます。

そして、料金も1日定額と時間貸しの2通りがあるので、目的にあわせてつかいわければ、経費節減にやくだちます。

以下に、千葉市内でレンタサイクルをりようするメリット8点をかいせついたします。

料金が安い

時間貸し30分300円か1日定額2500円なので、社有車のばあい、ガソリン代や駐車代をかんがえれば割安です。
また、タクシーを利用した場合と比較すると、往復料金を考えれば半分以下で済む料金です。ほかに、電車とバスやモノレールを併用した場合、1つの訪問先ならば割安ですが、複数の訪問先があると、まち時間や乗車料金、停留所や駅への移動時間などを総合的に考えるとレンタサイクルの方が割安になります。
 

待ち時間がない(時間損失が少ない)

公共の乗り物のバスやモノレール、電車などと違い、待ち時間がないので、複数の訪問先があるときなどは、とくに効率的です。電車にバスやモノレールを併用すると、電車からバスやモノレールに乗り換える時にどうしても待ち時間が発生してしまい、時間的損失になってしまいます

1件の訪問先ならばまだ待ち時間の損失は少ないけど、訪問先と訪問先との距離があり、その間をバスやモノレールで移動すると、待ち時間による時間的損失は数倍です。しかし、レンタサイクルならば、待ち時間がないのですぐに移動でき、徒歩と比べても格段に移動速度がはやくなり、時間を短縮できます。

自動車と比べ駐車が楽

自動車の運転のにがてな方にはとくに苦労するのが駐車ですが、自転車ですのでかんたんに駐車できます。また、自動車の場合、そもそも空いている駐車場をさがすのがたいへんですが、自転車ならどこにでもとめられます。仮に駐輪場にとめても、駐輪に料金がはっせいしないのがほとんどで、料金がはっせいしたとしても1日200円ぐらいです。

メンテナンスの手間がふよう

自転車の整備不良がげんいんで事故をおこすと、損害賠償の過失割合が高くなるので、整備はひつようですが、タイヤの空気やかどうぶの注油、ハンドルの整備、ブレーキの点検、チェーンのサビ防止などわずらわしいメンテナンスをレンタサイクル業者がやってくれるので、手間がはぶけます。

TSマーク加入の保険が適用される

レンタサイクルはほとんどがTSマークという事故時にしはらわれる保険に入っているので、事故などのトラブルがおきたときに安心です。TSマークにはTS赤マークとTS青マークがあり、各保障内容は

赤マーク:死亡または重度後遺症にたいし一律100万円、入院加療15日以上の障害にたいし一律10万円、賠償責任限度額5,000万円
青マーク:死亡または重度後遺症にたいし一律30万円、入院加療15日以上の障害にたいし一律1万円、賠償責任限度額1,000万円

です。
 

千葉駅すぐそばで貸出返却できる

とう店舗はJR千葉駅西口より徒歩5分とちかいので、店舗貸し店舗返却だから千葉駅のすぐそばで自転車をのりおりできます。徒歩による移動距離をきょくげんにちぢめ、最短で電車に乗れます。
 

付属品を借りられる

高価なサングラスやヘルメット、バンド止めなどを買わずにレンタルすれば出費をおさえられます。高価なサングラスやヘルメットをレンタルで体験してみて、気にいったら購入するというように、「お試し」として利用する方法があります。
 

種類がほうふで車種をえらべる

レンタサイクルで貸し出す自転車は、大きくわけてスポーツタイプのクロスバイクと、一般的な自転車のシティバイクがあります。格好良く移動したい時は「グラサンやヘルメットをつけて、クロスバイクに乗り移動する」、きらくに移動したい時は「シティバイクに乗って移動する」というように、気分や目的にあわせて、自転車をつかいわけすることができます。
 

手続きが簡単ですぐに借りれる

当店舗では、貸出してつづきはかんたんで、はじめにごりようしていただければ、以降は初来店時に発行したメンバーズカードをていじしていただければ、てつづきなしにごりようしていただけます。
 

以上のように千葉市でレンタサイクルをりようすのはメリットが多いです。

千葉県内の会社で、千葉市内に店舗や営業所がないのであれば、レンタサイクルで自転車を借りてみるのも、経費節減や生産性の向上(時間損失削減)にやくだつ対策方法の一つになるのかもしれません。また、はじめて千葉市内をおとずれた方は、レンタサイクルをつかってサイクリングにりようするのも便利です。

関連記事