ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

マウンテンバイクとロードバイクの比較5

今回も、ロードバイクとマウンテンバイクの違いについて、比較してみたいと思います。

マウンテンバイクは、タイヤが太く厚く、パンクにも強く、めったにパンクしません。

マウンテンバイクは、丈夫で障害物に強い分、車体が重く、タイヤの摩擦も大きいので、ギアを最速にしてもあまりスピードがでません。

マウンテンバイクは、サイクリングにあまり向かない自転車で、マウンテンバイクという名前だけあって、登山や悪路の移動に向いています。
 

マウンテンバイク画像
 

一方、ロードバイクは、一つ一つの部品が、効率よく力が伝わるようにできている、「超高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、乗ってみると風をきるように、爽快にサイクリングできます。

主に車道や舗装された道路の走行に適していて、車道や舗装された道路なら、まさに「風を切って疾走る」という感覚を体感できます。

ロードバイク画像
 

以下に、対象的な2つの自転車、ロードバイクとマウンテンバイクの違いについて、各部位毎に比較検証していきたいと思います。
 

価格

マウンテンバイクとロードバイクでは、価格が全然違います。

ロードバイクは、完全に趣味の世界で、最低10万円~になり、高いものだと100万円以上するものまであります。

高価な車にお金をかける、趣味の世界と同じです。

高価だということは、その分、盗難に遭いやすいということでもあり、防犯対策に、さらにお金がかかります。

ただし、もっと安いロードバイクもありますが、見かけはロードバイクでも、性能は値段相応のものになってしまいます。

一方、マウンテンバイクなら、最低4万円前後~になります。

ロードバイクの半分くらいの価格が目安となります。

マウンテンバイクも高いものなら数十万円のものもありますが、一般的なものならば4万円前後のお手頃価格になります。

「競技などで使う」ような使用目的があるのなら、数十万円のハイスペックのマウンテンバイクが必要ですが、「趣味などで使う」ような使用目的なら、4万円前後のマウンテンバイクで十分でしょう。
 

スタンド

ロードバイクは、車体を軽くするため、スタンドが付いていません。

ロードバイクは、ママチャリには常備されている「チェーンのガードレール」や「泥除け」、「カゴ」、「荷台」、「スタンド」など、疾走るに必要のないものは、極力省いて、車体を軽くして、スピードをだそうという作りです。

ロードバイクを停めるには、自分でスタンドを携帯しているか、壁などに立てかけます。

一方、マウンテンバイクも、スタンドが付いていないのが一般的で、一部棒状のスタンドが、片側に一本付いているのがありますが、スタンドがついているのは入門用のマウンテンバイクになります。

マウンテンバイクは、悪路やアウトドアで使うのが多いので、停める時は、木に立てかけるか地面に寝かせるしかありませんので、それが嫌ならば、スタンドを用意して、リュックの中に携帯しましょう。

関連記事