ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:0476-76-9476

千葉駅から千葉市消防局へのアクセス方法を完全比較紹介

電車で千葉駅に来て、はじめて千葉市消防局に訪問するかた、千葉市消防局へのアクセス方法がわからなくて困っているかた居ませんか?

千葉市は路上駐車も厳しくて、千葉市消防局は、千葉市の消防本部であり、中央消防署でもあり駅からはなれているので、千葉市消防局へのアクセスは大変そうだと心配していませんか?

心配ありません。

千葉市消防局へのアクセス方法は複数あり、駅から訪問する場合でも、安価で簡単なアクセス方法があります。

いかに、千葉市消防局へのアクセス方法を紹介いたします。
 

千葉市消防局画像
 

1.バス

千葉駅周辺はバスが整備されていて、たくさんの乗り場があり、バスを使えばいろいろなところにアクセスできます。

千葉県庁ちかくにある千葉市消防局に行くには、JR千葉駅東口からでて、2,3,4番バス乗り場のバスに乗れば、2,3,4番乗り場からでている急行以外はすべて千葉県庁ちかくまで行くので、「県庁前」で降りて歩いて1分ぐらいで千葉市消防局に着きます。

千葉県庁に行くバスは、本数もおおいので、あまり待たずに乗ることができ、公共の乗物で千葉市消防局にアクセスするのならば、バスが1番いいかもしれません。

2.モノレール

千葉駅からモノレールを利用するならば、JR千葉駅東口からでてすぐにモノレール乗り場があり、千葉都市モノレール1号線を使えば「県庁前」駅があるので、「県庁前」駅で降りて、千葉市消防局まで歩いて1分です。

モノレールなら、千葉駅から「県庁前」駅まで片道200円で、千葉駅から駅3つなので、5分で着きます。

ただし、千葉市消防局に行くには、モノレールでは千葉都市モノレール1号線だけですので、本数がすくなく15分ごとに1本ですので、すこし待たないといけません。

3.タクシー

JR千葉駅東口にはタクシー乗り場があり、おおくのタクシーが順番待ちしているので、待たずに乗れます。

反面、タクシーは便利で楽ですが、利用料金が他の公共の乗物と比べてたかく、さらに帰りのタクシーには、往復の料金に手配料が上乗せされます。

また、タクシー運転手にとっては、ながいあいだ順番待ちして、乗せた客が千葉駅から千葉市消防局までのみじかい距離なので、タクシー運転手にあからさまに嫌な顔をされます。

荷物がおおいいときや急いでいるとき、訪問先が千葉市消防局だけの場合にはいいかもしれませんが、そうでないのならほかの公共の乗物を使いましょう。

4.自転車

千葉市内に店舗があるなら、その店舗から会社の自転車で千葉市消防局に行くのが1番便利です。

千葉市消防局に行くだけなら、他の乗り物のほうがいいですが、千葉市消防局への訪問のあとに複数の訪問先があるなら、小回りがきき、駐輪も簡単でタダの自転車がいいでしょう。

ただし、駅周辺の富士見2丁目は、人がおおいので、人にぶつからないように注意してください。

富士見2丁目は避けて、遠回りしたほうが安全です。

5.徒歩

徒歩だと、JR千葉駅や京成千葉駅からなら距離があるので、千葉市消防局まで15分ぐらいかかります。

運動不足ぎみならば、軽い運動のつもりで歩くのならいいでしょう。

運動のつもりで、「片道の行きだけ徒歩で、帰りはバスやモノレールなどの公共の乗物を使う」というのもいいかもしれません。

6.電車

千葉駅から歩いて千葉市消防局に行くなら、いっそうJR千葉駅で降りないで、JR千葉駅でJR外房線かJR内房線に乗りかえて、JR本千葉駅まで電車で行ったほうがいいでしょう。

JR本千葉駅からならば千葉市消防局まで歩いて5分ですので、千葉駅から歩いて行くよりはやく着きます。

京成線ならば、京成千葉駅から京成千葉中央駅まで電車で行ったほうがいいでしょう。

京成千葉中央駅からならば、千葉市消防局まで歩いて8分です。

7.自家用車(社有車)

千葉市圏外から千葉市消防局に訪問する場合、そもそも電車を使わず、自宅や会社から自家用車や社有車を使って、直接訪問するという方法があります。

千葉市消防局は、来訪者用の駐車場がタダですがせまく、一杯だと有料駐車場にとめることになります。

ただし、千葉市内は路上駐車に厳しいので、路上駐車してしまうとすぐにキップをきられ違反金が発生してしまいます。

8.最後に

いじょう、千葉駅から千葉市消防局へのアクセス方法紹介でした。

千葉市消防局は中央消防署も兼ねていて、メーカーや商社などの危険物取扱責任者が扱う、引火性のたかい危険物や可燃物、毒性のたかい薬品などを取り扱う届け出、危険物取扱免許の申請などで訪問されることがあるでしょう。

その場合、ちかくに千葉市役所や千葉県警察本部、千葉県庁などの行政機関も周辺にあるので、1日に複数訪問することになるでしょう。

関連記事