「自転車のお手入れについて(キーロック編)」

自転車のお手入れについて、注意を怠っている人、居ませんか?

正しいお手入れの仕方、教えます。

雨が降った後、自転車が雨に濡れたのに忘れがちなのが、キーロック部分のお手入れです。

雨が降った後、自転車が雨に濡れたのにキーロック部分のお手入れを忘れると、ここに雨が溜まります。雨はわずかに塩分を含んでいるのでサビやすく、僅かの期間でサビが発生します。

サビは、まずはキーロック部分を錆びさせ、ここを中心にして周辺を侵食していき、塗装されている部分でも塗装の下の金属部分を侵食・拡大していきます。

特に、ハイテンションスチールのママチャリはサビやすく、サビれば一気に強度が下がります。

こうならないために、雨が降って自転車が濡れた後は、キーロックのお手入れをしましょう。

キーロック部分のお手入れは簡単で、キーロック部分に防錆剤をかけながら、ロックレバーを、カシャカシャ動かすだけです。
 

キーロック部分の防錆剤の注入画像
 

こうするだけで、雨が希釈され、防錆剤が浸透し、サビからキーロック部分を守ってくれます。

みなさんも休日等に、ほんの10分ほど時間をとって、自転車のお手入れをしてみましょう。

こんな簡単なことで、サビから自転車を守り、自転車が長持ちします。

関連記事