ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

千葉駅周辺の地図からわかる、目的地までの移動方法とは?

「電車で千葉駅まできて、千葉駅から地図を頼りに千葉駅周辺への各種移動方法について、どういう方法があるの?」

電車で千葉駅まで到着してから千葉駅周辺の目的地までの移動方法は、いくつかあります。

最寄りの駅からJR千葉駅か京成千葉駅に到着してから、目的地までの移動手段には、徒歩、タクシー、バス、モノレール、自転車などがあります。

「千葉駅から千葉駅周辺の目的地までの移動手段がいろいろあって地図があっても選べない、どれを選んだらいいの?」

「千葉駅から千葉駅周辺の目的地までの移動手段には複数あり、どれを選んでいいのか」おこまりの方、千葉駅から千葉駅周辺の目的地までの移動手段には複数あり、それぞれ1長1短です。

それぞれの長所と短所を比較してみましょう。
 

千葉駅周辺地図
 

千葉駅から千葉駅周辺の目的地まで徒歩で移動した場合

まず、徒歩ですが、1番低コストで費用がかかりません。

しかし、千葉駅周辺の地図を頼りに訪問先まで歩くと駅前ならば大丈夫ですが、かりに千葉市役所までスマホの地図を頼りに歩くとなると約15分かかります。

帰りも考えると、往復約30分かかります。

また、複数訪問するとなると、1軒1軒スマホの地図を確認しながら歩くことになり、もっと時間がかかり現実的ではありません。

訪問先が駅からちかく、さらに訪問先が1件だった場合、可能でしょう。

複数訪問先があった場合、訪問先が駅前に集中している場合だけつかえる移動手段です。

長所:コストがかからない。

短所:時間がかかる。

千葉駅から千葉駅周辺の目的地までバスで移動した場合

次にバスですが、JR千葉駅東口からでると、すぐに千葉駅周辺の地図と千葉駅バス乗り場の地図があります。

バスは訪問先の場所によって、バスの利便性の状況がかわります。

訪問先ちかくの停留所行きのバスの本数がおおければ、待つ時間は短くなりますが、訪問先ちかくの停留所行きのバスの本数がすくなければ、待つ時間は長くなります。

また、停留所から訪問先がはなれていた場合、停留所から歩きで訪問先に向かうのでさらに時間がかかります。

料金は往復で200~1200円になります。

かりに千葉市役所に訪問する場合、JR千葉駅西口からでて、千葉みなとループバスに乗ります。

料金は片道100円で20~40分間隔で運行されています。

長所:コストがあまりかからない。

短所:訪問先の場所によって、待ち時間と移動時間がかわる。

千葉駅から千葉駅周辺の目的地までタクシーで移動した場合

次に、タクシーですが、駅前にタクシーが待機しているので待ち時間はなく、運転手さんに訪問先か住所を伝えれば、訪問先直前まで連れて行ってくれるので、道に迷うこともなく地図も必要なく、1番短時間で訪問先まで訪問できる移動手段です。

しかし、1番コストがかかる移動手段でもあります。

2000mまで初乗り運賃730円+以後289m毎に加算運賃90円になります。

さらに訪問先での用事がおわった後、帰りの料金であるタクシーの待機料金かタクシーの迎車料金を考えると、行きの倍以上かかります。

複数の訪問先があった場合、1件目の訪問先から最後の訪問先までは歩きになり、訪問先同士がすこしでもはなれてしまうと、複数の訪問先間を歩いて移動することになり時間がかかり、複数の訪問先間をタクシーで移動すると、コストがはねあがります。

長所:時間が1番はやく、初めて訪問する訪問先でも地図が必要なく道に迷わない。

短所:コストが1番かかり、訪問先が複数あった場合、訪問先間がすこしはなれていて歩いて移動すると時間もかかり、タクシーで移動するとコストがはねあがる。

千葉駅から千葉駅周辺の目的地までモノレールで移動した場合

次に、モノレールですが、千葉市にはモノレールがあり県庁前や市役所前にとまります。

料金は往復400~1020円で利用できます。

しかし、駅がかぎられ全部で18か所しかありません。

訪問先がモノレールの停車駅にちかくなければ利用できません。

そして、路線が2本あり、県庁前行きの1号線と千城台行きの2号線があります。

1号線と2号線で本数が違い、県庁前行きの1号線は15分間隔で、千城台行きの2号線は5~10分間隔で運行されているので、下車駅で待ち時間が異なります。

長所:本数がおおくコストがあまりかからない。

短所:停車駅がすくなく訪問先の場所によって、待ち時間と移動時間がかわり、訪問先の場所によっては利用できない。

千葉駅から千葉駅周辺の目的地まで自転車で移動した場合

最後に、自転車ですが、訪問先の場所にかぎりがなくどこにでも移動でき、複数の訪問先があっても小回りがきき、待ち時間がなく時間がかからない。

ただし、天候の影響をうけやすく、雨や雪がふると利用できない。

長所:複数の訪問先があっても、コストがかからず、待ち時間がなく移動時間も短い。

短所:天候の影響をうけやすく、雨がふると利用できない。

以上、千葉駅からの移動手段は複数あり、それぞれ1長1短なので目的にあわせて利用してください。

関連記事