ご予約・お問い合わせはこちらまで(無店舗型・予約制、当日予約可)

TEL:050-5329-8543

「クロスバイクとマウンテンバイクの比較(ライト編)」

今日は、クロスバイクとマウンテンバイクについて比較してみたいと思います。

クロスバイクは、多様性があり、一つ一つの部品が効率よく力が伝わる「高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、見た目もいいので、乗ってみると風をきるように、爽快にサイクリングできます。
 

クロスバイク写真
 

一方、マウンテンバイクは、タイヤが太く厚く、パンクにも強く、めったにパンクしません。

マウンテンバイクは、丈夫で障害物に強い分、車体が重く、タイヤの摩擦も大きいので、ギアを最速にしてもあまりスピードがでません。

マウンテンバイクは、サイクリングにあまり向かない自転車で、マウンテンバイクという名前だけあって、登山や悪路の移動に向いています。
 

マウンテンバイク写真
 

以下に、対象的な2つの自転車、クロスバイクとマウンテンバイクの違いについて、各部位毎に比較検証していきたいと思います。

ライト

クロスバイクもマウンテンバイクもスポーツタイプ全般の自転車には、ライトが付いていいません。

クロスバイクは、ライトが付いていないものが多いですが、多様性があるので、ライトが付いているものもあります。
 

ライト付きクロスバイク画像
 

ただし、クロスバイクもマウンテンバイクも、付属品として、別に購入したライトを、取り付ける事ができます。

必要な場合、一般的なものなら、サイクルショップなどで千円から5千円位で売っているので、付属品として購入し、取り付けましょう。

付属品として購入したライトは、T字ハンドルに取り付けることが多いので、サイクルショップなどで購入した時に、そのまま取り付けもお願いしたほうが、手間が省けます。
 

T字ハンドルに取り付けたライト画像
 

ただし、購入するならLEDライトの方がおすすめです。

LEDライトは、熱量が低く、白熱灯よりも電気が熱に変換される割合が低く、その分、光に変換される割合が高くなるので、少ない電気で、より強力な光を放つことができます。

ライトには主に「充電式」と「電池式」がありますが、LEDライトなら、どちらも長持ちします。

マウンテンバイクのように、山道や舗装されていない道路などを走る場合、視界が悪くなるところでは、危険が伴うので、より強力な光を放つライトを設置しましょう。

マウンテンバイクに電池式のライトを設置した場合、山道を走っている時に、突然電池が切れてしまい、真っ暗闇の中を走らないといけないハメにならないように、スペアの電池をリュックなどに携帯していましょう。

簡易のライトでいいならば、現在は100円ショップで購入することもできます。

関連記事