「ロードバイクとシティバイク(ママチャリ)の徹底比較検証(スタンド編)」

ロードバイクは、クロスバイクよりも高性能な「超高性能のスポーツバイク」なので、スピードがでて、乗ってみるとクロスバイ以上に風をきるように、爽快にサイクリングできます。
 

ロードバイク写真
 

一方、シティバイク(以降ママチャリ)は、安価でそこそこ丈夫ですが、車体が重く、一つ一つの部品の力効率も悪く、スピードがでません。

しかし、汎用性があり、世界中どこにでもあり、乗りやすく誰でも乗れます。
 

ママチャリ写真
 

今回も、ロードバイクとママチャリについて「実際に何が違うのか?」各部位ごとに徹底比較検証してみたいと思います。

ロードバイクのスタンド

基本的にロードバイクには、車体を軽くするため、スタンドが付いていません。

ロードバイクは、ママチャリには常備されている「チェーンのガードレール」や「泥除け」、「カゴ」、「荷台」、「スタンド」など、疾走るに必要のないものは、極力省いて、車体を軽くして、スピードをだそうという作りです。

ロードバイクを停めるには、自分でスタンドを携帯しているか、壁などに立てかけます。

それは、ロードバイクのように、「より速く疾走ることを追求した自転車」を目的としている場合、スタンドは必要なく、スタンド分の重みが車体にかかり、スピードが落ちてしまうから」です。

しかし、スピードにこだわる必要がない、移動の足として使うためのロードバイクなら、スタンドは付いていたほうが便利です。

また、スタンドは、付属品として、サイクルショップなどで購入して、棒状のスタンドを片側に一本取り付けることができます。

ロードバイクを、街乗り用や通勤・通学用、サイクリング用などで使う場合は、スタンドが付いていると、とても便利です。

価格も数千円とお手頃価格なので、サイクルショップで購入し、そのまま取り付けてもらったほうが、手間が省けます。

カゴと違って、走行中の空気抵抗にならないので、スタンド分の重みが加わり、車体が少し重くなり、わずかにスピードが落ちるだけで、ほとんど影響がありません。

室内で保管するなら、メンテナンススタンドを購入するのも良いでしょう。

しかし、使用目的が街乗り用や通勤・通学などで使うなら、ロードバイクではなく、クロスバイクを買ったほうが、使い勝手も経済的にもいいでしょう。

ママチャリのスタンド

一方、ママチャリにはスタンドが付いているのが一般的です。

ママチャリのスタンドは、コの字型のスタンドで、車輪を浮かせるタイプで、安定していて自転車を転倒から守り、安全に自転車を停めることができます。

このタイプのスタンドが付いているのは、ママチャリだけかも知れません。

他のスポーツタイプの自転車は、スタンドが付いていないか片側だけに付いている棒状のスタンドで、とても停めるのに不便で、停めてもとても不安定で倒れやすく動きやすいです。

ママチャリの利点の一つにこのスタンドが挙げられるかも知れません。
 

ママチャリのスタンド画像
 

以上、今迄、ロードバイクとママチャリについて、各部位の比較検証をしてみました。

使用時や購入の際に、参考にしてみてください。

関連記事